dataway

パーソナルデータ利活用の未来を考えるメディア

信用スコアをテーマにしたおすすめ本とドラマ4選

様々なデータを元に個人の信用をスコアリングした「信用スコア」が、日本でもついに本格的に広まろうとしている。 果たして、信用スコアの普及した世界で我々の生活はどのように変わるのだろうか? それは、私たちを幸せにしてくれるのか?それとも、そこに…

DiDi(滴滴出行)の投資先14社を調査、DiDiの世界進出と巨大テック企業への道

DiDiの投資先14社について調査及び分析。Uber、Taxify、Ola、ofo、Grab、Lyft 等、各企業の簡単なサマリーとそこから見えるDiDiの戦略についてまとめた。

配車アプリ「DiDi」東京上陸!運転手がもらした現場の声とは?

中国最大手のタクシー配車サービス「DiDi」が東京でもサービスを開始した。Japan Taxi や Uber と比較してどうなのか。3回の乗車体験と運転手さんへのヒアリングから今後のタクシー配車アプリ業界について考察する。

【朗報】LINE Pay、20%還元再び!コンビニとドラッグストア限定で実施!

LINEは、1月25日〜1月31日の期間で、同社の決済サービスであるLINE Pay(ラインペイ)の購入金額の20%をLINEポイントとして還元するキャンペーンを行うとのこと! www.nikkei.com 昨年は、12月初旬のPayPay祭り(ソフトバンクとヤフーの合弁会社の決済サー…

Gunosy中長期ビジョンが語る、データがつながる未来の世界

2019年1月15日、Gunosyは第二四半期決算に合わせて、「中長期ビジョン」を公開した。その「中長期ビジョン」には、これからの10年の世界観、次の10年のためにに必要なこと、そしてそれらを踏まえて具体的に何を実現するのかといった内容が盛り込まれていた。…

なぜアント(蟻)か?アントフィナンシャルの名前の由来と込められた想い

アリペイや芝麻信用など、中国で多くの人が利用する金融サービスを提供するアントフィナンシャル(螞蟻金服)。 当たり前のように呼んでいるけれど、「アントフィナンシャルってなんでアント(蟻)なのだろう?」と疑問に思ったことはないだろうか。 本記事…

WeChatミニプログラム最新ランキングTOP5!キャプチャ付き解説

昨日、アリペイやWeChatで一大トレンドとなっている「ミニプログラム」について記事で紹介をしたところ、予想以上に反響が大きかったため、本日はWeChatミニプログラムの最新ランキングからTOP5を紹介していこう。 2018年初頭にはミニゲームがTOP100のうち4…

中国テック業界の新トレンド「ミニプログラム」とは?WeChatに続きアリペイ参戦

「ミニプログラム」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 今中国では、「ミニプログラム」という「ダウンロードなしで使えるアプリ(のようなサービス)」が日常生活で当たり前のように使われている。 さらに、2019年6月には、日本でもLINEが「LINE mini …

消費税10%、キャッシュレス決済で2〜5%ポイント還元の条件は?

※この記事は2019年3月22日に更新しました。 2019年10月、ついに消費税が現行の8%から10%まで引き上げられるとされている。 これは消費者にとっては辛いニュースであるが、一方で、朗報もある。 増税のタイミングで「キャッシュレス決済を利用すると2〜5%…

アントフィナンシャルの掲げる「3要3不要」とは?

アリペイを運営するアントフィナンシャルでは、「3要3不要(「3つするべきこと」と「3つのしてはいけないこと」)」の行動指針を定めている。 その行動指針から、アントフィナンシャルの思想を垣間見ることができる。 本記事では、「3要3不要」の行動指針を…