dataway

パーソナルデータ利活用の未来について考えるメディア

「動かないAI」を生む非構造データが97%、XMLによる構造データ化の必要性

世の中のデータのうち、構造化されているデータはほんの一部で、97%のデータは非構造データである。 非構造データのままでは、機械はそれをうまく処理することができず、いわゆる「動かないAI」を生んでしまう恐れがある。 そこで、何らかの標準となるデー…

テーブルチェックの信用スコア「TableCheckカスタマースコア」は飲食店特化型信用スコア

TableCheck(テーブルチェック)による信用スコア「TableCheckカスタマースコア」は、飲食店利用ユーザーの評価を可視化した信用スコアだ。 一般的に知られている「信用スコア」に対して、「飲食店利用」と用途を限定した「バーティカルな信用スコア」と捉え…

信用スコア市場参入の日本企業一覧 全12社【19年3月最新版】

日本国内でも、信用スコア市場へ参入する企業が増えてきた。本記事では、19年3月時点で信用スコアサービス提供の意思を示している企業12社を紹介する。信用スコアのカテゴリー別でマッピングもしているので参考にしてみてほしい。

クラウドワークスの信用スコア「クラウドスコア」と個人が主役の時代

クラウドワークスは中期経営方針1として「働き方革命」を掲げ、個人が主役の時代に合わせたサービスの拡充を発表している。 そのうちの1つが、クラウドワークスによる信用スコア「クラウドスコア」である。 同社は、2017年時点でいち早く信用スコアリングへ…

「キャッシュレス」から「信用スコア」へ 大手ベンチャー各社の覇権争いの行方

※この記事は2019年5月20日に更新しました。 QRコード決済を中心にキャッシュレス決済が大きな盛り上がりを見せている。 PayPay や LINE Pay の大規模なプロモーションの甲斐もあり、一挙にその名を広げたQRコード決済。2019年の流行語大賞の最有力候補だ。 …

Origami 信用スコア参入か?与信スコアリング含む金融事業立ち上げメンバーの募集を開始

QRコード決済サービス「Origami Pay」を提供する Origami が、ついに金融事業の本格的な立ち上げに乗り出すようだ。 「決済を抑えて金融事業へ」というシナリオはおそらくかなり前から仕込んでいたシナリオなのだろう。 同社の人員募集のページによると、「…

ソフトバンク×みずほ銀行の信用スコア「J.Score(Jスコア)」はAIで若者の将来性をスコア化

日本初の信用スコアサービスとなった「J.Score(Jスコア)」。 2018年時点で唯一、信用スコアによるレンディングを開始し、信用スコア領域において一歩先を行くサービスとなっている。 本記事では、そんな「J.Score(Jスコア)」のサービスの仕組み、利用デ…

三井住友カードCM第二弾、小栗旬と石橋静河「お金ってなんなんだろう?」

→ 三井住友カードは「Have a good Cashless.」というスローガンのもと、キャッシュレス決済を推進している。 その一環として、小栗旬さんが務める「お金について考える青年」を通して、お金についての本質を問いかけるCMを放映し、その内容に注目が集まって…

テンセントの信用スコア「微信支付分」は人間関係を加味した信用スコア

WeChat を運営するテンセントは、ついに満を持して、信用スコア「微信支付分(WeChat Pay Points)」を発表した。 中国の信用スコア領域では、アリババ系列の「芝麻信用(ジーマクレジット)」が2015年1月のリリース以来大きく勢力を拡大しており、テンセン…

LINEの信用スコア「LINE Score(ラインスコア)」の利用データと仕組みについて徹底解説

ソフトバンク(J.Score)、ヤフーと信用スコア領域へのIT系大企業の参入が続くなか、ついに LINE も参入を発表した。 LINE といえば、月間7,800万人という国内最大級のアクティブユーザー数を誇るメッセンジャーアプリだ。 直近では、「LINE Pay」の急進のほ…