dataway

パーソナルデータ利活用の未来について考えるメディア

スウェーデン発「後払い」提供のユニコーン「Klarna」の仕組み

スウェーデン発の後払い提供ユニコーン「Klarna」の仕組み

ECサイトや店舗でお支払いをする際に「後払い」のオプションがあったら、あなたは利用するだろうか?

日本では、「GMO後払い」や「NP後払い」がECサイト上では普及してきているため、目にしたことのある人も多いだろう。

世界に目を向けると、日本以上に「後払い」のニーズは強く大きな市場規模となってきている。代表的なところでは、米国の Affirm、そして今回ご紹介するスウェーデン発の Klarna である。

Klarna はスウェーデンからヨーロッパ諸国、そしてアメリカにもその提供先を広げている注目のスタートアップだ。

本記事では、そんな Klarna の会社概要、提供ソリューション、そしてその仕組みについて迫っていこう。

Klarna の会社概要

Klarna 会社概要

Klarna は、2005年にスウェーデンのストックホルムで創業された会社だ。

正式名称は、2017年に銀行ライセンスを取得した際に変更され「Klarna Bank」となっている。

ストックホルムは、Skype や Spotify の創業の地としても有名で、数多くのユニコーン企業を生み出しているところだ。

そして、Klarna もユニコーン企業のうちの1つで、これまでに7.74億ドル(約850億円)を調達している。評価額は25億ドル(2750億円)を超えるとも言われている。

名門 Sequoia Capital のほか、Visa や H&M Clothing も投資をしている。Visa については物理カードの発行、H&M Clothing についてはオムニチャネル領域の戦略的パートナーシップが絡んでいる。

Klarna の3つの後払いソリューション

Klarna では、主に後払いソリューションを提供している。そして、あと払いの手法は、大きく分けて3つある。

Klarna の後払いソリューションは3つの方法に分けられる
Klarna の後払いソリューションは3つの方法に分けられる

  • 30日以内の後払い
    • 金利手数料0
  • 3回分割払い
    • 30日毎に自動的にチャージされる
    • 金利手数料0
  • 6〜36ヶ月の分割払い
    • 金利は発生

このように、3つの分割払いの手法から選択することができるようになっている。

後払いの上限金額及び可否については、信用情報機関からクレジットヒストリーを参照するほか、年齢や申請の時間などのその他のファクターも見た上で判断している。

物理カードとアプリ対応でオフライン店舗でも

Klarna はオンラインのECにおける後払いソリューションとして始まったが、現在はオフラインへの対応もしている。

オフライン後払いは、以下の2つの方法によって実現されている。

  • 物理的なデビットカード
  • Apple Pay、Google Pay 対応

スタイリッシュな物理カードにも対応している
スタイリッシュな物理カードにも対応している

物理カードは上図のように非常にスタイリッシュなデザイン。Klarna アプリと連携しており、アプリ上で設定した分割支払い方法で決済を行うことができる。

Apple Pay、Google Pay への対応も
Apple Pay、Google Pay への対応も

また、Apple Pay や Google Pay にカードを登録して決済を行うこともできる。

Klarna では、これらの2つの手法により、オフラインの場においても、後払いの決済を実現している。

P2P送金アプリ「Wavy」をリリース

さらに、Klarna は、「Wavy」というP2P送金アプリもリリースしている。

P2P送金アプリ「Wavy」をリリース
P2P送金アプリ「Wavy」をリリース

Wavy のユニークな点は、P2P送金に際して、Wavyアプリをインストールするのは「片方」だけでOKということだ。

具体的には、以下のような仕組みだ。

  • 取引を行う際に、片方の人がアプリ内でユニークなURLを生成
  • 何らかのメッセージングアプリで相手方にURLを送信
  • URLをクリックしてウェブページを開く
  • 受け手の場合には、Redeem
  • 払い手の場合には、クレジットカードなどを登録してお支払い

一般的なP2P送金アプリでは、両者がアプリダウンロードしていることが前提となるため、相手の手間を考えて利用されないこともある。Wavyではその課題を解決しにいっているといえる。

「利用ハードルの低さ」をとるか「囲い込みメリット」をとるか、難しいところだが、面白いアプローチといえるだろう。

まとめ

本記事では、スウェーデン発の後払い提供サービス「Klarna」について解説をしてきた。

後払い領域においては、米国の Affirm、欧州の Klarna、東南アジアの Akulaku あたりが注目どころだろう。

www.dappsway.com

日本でも、クレジットカードを持たない(持てない)層を中心に、後払い決済はまだまだ市場が拡大している。

Affirm や Klarna のような、ユーザーフレンドリーなUXで攻める余地はまだあるかもしれない。