dataway

パーソナルデータ利活用の未来について考えるメディア

信用スコアとは?信用スコアの仕組みやメリット、利用データについて

信用スコアとは何だろうか?本記事では、信用スコア(クレジットスコア)の仕組みやメリット、日本・中国・アメリカを中心とした世界各国の事例について解説しています。信用スコアについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

米国低所得者層向けの融資プラットフォーム「Aura」の LaaS モデル

米国では、パーソナルローンや住宅ローンを申請すると、FICOスコアと呼ばれる信用スコアを元に与信審査が行われる。 しかし、FICOスコアの算出には、最低6ヶ月のクレジットヒストリーが必要となるため、約4500万人の米国民がスコアを保有できていない。 そし…

DeFi Meetup #2 DeFi(分散型金融)の信用担保のあるべき姿とは?

昨日、ブロックチェーンの聖地こと HashHub にて DeFi Meetup #2 に参加してきた。 テーマは「DeFi Lending」。20人弱の参加者が弧を描くようにして座り、全員参加型で進めていくスタイルであったため、議論が活性化し非常に面白かった。 終始興味深い議論で…

日本の3つの信用情報機関(JICC・CIC・KSC)の違いを徹底比較

日本には、主に3つの信用情報機関がある。しかし、その違いは分かりにくくもある。 そこで、本記事では、3つの信用情報機関(JICC、CIC、KSC)について、表形式で違いを分かりやすくまとめてみることにした。 さらに、信用情報機関の間の相互交流ネットワー…

信用スコアの未来は監視社会やディストピアなのか?

信用スコアの行き着く先には、どのような未来があるのだろうか? ジョージ・オーウェル『一九八四年』の描く監視社会のようなディストピアが待っているのだろうか? 中国の社会信用システムでは、その片鱗が感じられるニュースも出てきている。また、ブラッ…

インド「SHUBH Loans」の信用スコアとインド市場ならでは特徴的な機能

インドでは、スタートアップによる信用スコアレンディングが盛り上がりをみせている。 本記事では、先日ご紹介した「CreditVidya」に続いて、同じ領域でサービス展開をする「SHUBH Loans(シュブローンズ)」について解説していく。 SHUBH Loans は、日本か…

J.Score(Jスコア)が20代限定の利息全額キャッシュバックキャンペーンを開始

ソフトバンクとみずほ銀行による合弁会社である「J.Score(Jスコア)」は、20代の生活者限定で利息が全額キャッシュバックとなるキャンペーンを発表した。 J.Score(Jスコア)は、「若者の夢や自己実現をサポート」するというビジョンを持ったサービスであり…

経産省発表 ポイント還元対象キャッシュレス決済事業者116社一覧

19年4月12日、経産省により、10月の増税時にポイント還元対象となる「加盟店向け決済サービス」のリスト116社が公開された。どのような事業者がリストアップされているのだろうか?本記事では、全116社とその分類について解説します。

インドで分割後払いを可能にするZestMoneyの仕組みとCaaS展開

インドのEC市場は、Flipkart と Amazon の二強体制であるが、その両サービスで後払いソリューションを提供しているサービスがある。 それが「ZestMoney(ゼストマネー)」だ。 ZestMoney では、独自の信用スコアリングにより既存の信用スコアを保有しない人…

「信用スコアのインフレ」、経済成長でインフレ化する米国クレジットスコアの課題

米国で、「信用スコアインフレ」への懸念が指摘されはじめている。 米国で9割以上のシェアを占める「FICOスコア」の平均値は、ここ10年で10ポイント以上上昇しているのだ。 これが「信用力の高まり」を表すのであれば問題ない。ただ、これが「信用力の過大評…

インドの新興信用スコア「CreditVidya」の仕組み。既存スコア対象外の78%の国民へ

インドでは、4つの信用情報機関(CIC)が信用スコアを提供している。 しかし、信用情報機関のスコアリングにはクレジットヒストリーが必要という制約があるため、信用情報機関のスコアでカバーできるのはインド全国民の22%のみであるという。 そこで、クレ…